先日、

黒龍 水野氏が友人である吉野さんという詩人の御言葉を

私にくださいました。

いつも、仕事の時も プライベートな時も

この言葉を 思い出しなさいと・・・。

私も、手帳の中に入れて 

事あるごとに見ているんだよ と・・・。

 

 

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい


立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい


完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい


二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい


互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい


正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい


立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

 

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

 

そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい

おそらく、

初心に戻れよ・・・、

と、おっしゃりたかったのだと思います。

ありがとうございます。